紅葉を眼のなかに入れ閉じにけり 魅歌

麗らかな冬日のなか、ウォーキングに出る。

週末は生徒のレッスンや若者句会への投句があるため、歩けるうちに歩く。

地元の名所『哲学堂』の入り口付近の紅葉をご覧いただきましょう!

奥に分け入ったあたりに、毎年三脚を立てて撮影する人の多い樹があるのだが、

今年は色づくのが遅いのか、色づかないのか、まだ緑。


こちらは我が家から徒歩5分ほどの地元のオアシス”セントラルパーク”の銀杏の黄葉。

青空とのコントラストに見惚れ、癒される。

COVID-19 第8派とは、長すぎる受難に辟易だが、

今年亡くなったJ.L.ゴダールに倣い、

受難のときも、情熱を忘れずに前向きにいくぞ~!

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示