第二十四回『桃が丘リモート句会』

日曜日はコロナ禍でスタートした『桃が丘リモート句会』

もう二十四回とは、丸二年になるのかあ!

兼題『団栗』:の~じ~ 『ハロウィーン』:流樹 以上各一句ずつ、

当季雑詠二句、計四句を提出。

参加者をご紹介しましょう。

上段左から

裕家-有名教材会社を経て句づくりを。

魅歌-呑ん兵衛のジャズ・シンガー。

洋子-厨俳句の名手か?


中段左から

の~じ~-ジャズ&映画ファン。

みどり-謎の俳人。”CAT PERSON”らしい。

枕流-中国故事の俳号を掲げる四国男児。


下段左から

一哉-弱冠12歳で夏井いつき組長とテレビ共演経験ありの20代講師。

ねぼけ猫-有名広告代理店コピー・ライター。


不在投句

流樹-根性のワーキング・マザー俳人。

幸人-日々SNSにフォト俳句を掲げるフォトグラファー。

哉-繊細な詩人。もう30代か?

薫里-ジャズを愛する松山の妖精。


本日の一句


団栗を踏みたる音の残りけり 洋子


どんぐりの帽子小指にかぶせをり 裕家


ぺしやんこの鼻で団栗つつきをり ねぼけ猫


秋の暮れペットショップの薄明かり 幸人(不在)


秋の日に洗濯物と項干す 哉(不在)


七竈コサージュにして初司会 薫里(不在)


封筒よりぽろり団栗落ちにけり 魅歌


(一哉添削後の句含む)


次回は11月20日(日)午後1時スタート、興味のあるかたはご一報くださいね!

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示