小六月娘の新居みとどける 魅歌

長女の瑠奈夫婦の引っ越しを手伝う。

といっても、美加は新居を見に行くだけ(笑)

我がパートナーは車を出してやり大奮闘。

人生に子どもを持つというオプションがあったなら

運転免許をとっておくんだったなあと後悔しながら、

早30年も経ってしまった!

以前の三鷹よりは我が家に近くなり、母としては嬉しいが・・・

『IKEA』にも同行。美加好みの間接照明でいつも落ち着く店内である。

それにしても、物を買わなくなった。

断捨離決行し超スッキリしたためか、何が何でも欲しい物しか買う気になれない。

瑠奈も美加の影響か、財布の紐がカタいよう。



以前の住まいよりは広くなったかな?

三鷹は駅から徒歩3分ほどで近隣にも店舗があり夜でも明るかったが、

今回はまわりが住宅ばかりで、夜は暗そう。

「夜間の帰宅時は気をつけなさいね」とLINEする。

交渉事などもこなし、世間知らずの美加より余程しっかりしている娘だが、

いつまでも心配である。たまに”母”の感覚を思い出すのは痛し痒し・・・

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示