大橋美加の”シネマフル・デイズ”⑦『アラバマ物語』

1962年 アメリカ映画 ロバート・マリガン監督 『アラバマ物語』 (TO KILL A MOCKINGBIRD) 想い出は色がなくても美しい。子どもの鼻歌が聞こえ、小箱の蓋を開ける小さな手。 コイン、ビー玉、懐中時計、木彫りの人形などなどが入った箱の俯瞰。 クレヨンで紙に落書きしてゆくと、文字が浮き上がる。 TO KILL A MOCKINGBIRD 何て素敵なファースト・ショットだろう!何度観ても飽きないどころか、 もう一度観たくなる。 舞台となるのは1932年アラバマ州の小さな町。 画面に飛び込んでくるショート・ヘアにオーヴァーオール姿の ”スカウト”と呼ばれる6歳の少女。 2歳で母を亡くし、弁護士である父と 10歳の兄ジェムと暮らす、おてんば娘らしい登場の仕方。 根強い人種差別の残る田舎町で、黒人青年の弁護を引き受けることとなる。 父アティカスを演じるのは、グレゴリー・ペック。 幼い子らの疑問・質問に、常に穏やかにわかりやすく諭していくアティカス。 この名前は、”スーパーマン”も敵わないヒーローの名。 ああ、アティカスの膝で眠りたい! モノクロームの映像はノスタルジック且つ幻想的、 本作を観れば、二度と戻れない子ども時代に、いつでも戻れる。 世の中は思い通りにはいかないが、 「常に相手の立場で考えるように、ものまね鳥を殺してはいけない」 そうね、アティカス、皆がそうできたらね・・・ 少なくとも5回は観ている作品だけれど、 自粛の日々にまた観なおして良かったなあ。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示