『孤独な天使たち』 

更新日:10月5日

大橋美加のシネマフル・デイズ No.241

2012年 イタリア映画 ベルナルド・ベルトルッチ監督

(Io e Te) 『ラスト・エンペラー』(’87)でオスカー9部門に輝き、ベルトルッチは”巨匠”となった。

美加はそれ以前に『ラスト・タンゴ・イン・パリ』(’72)や

『1900年』(’76)を名画座で観ていたから、何となく意外だった。

今は亡き淀川長治先生がベルトルッチについて語ってくれたことは、

”ア”の項の『暗殺の森』(’70)で記したので参照あれ。きっと、真実。 本作はベルトルッチの遺作。

淀川先生の言葉どおり、ハリウッドを経て母国イタリアで、

”大作”ではない作品を撮り、永眠した。


ヘッドフォンを付けたニキビ面の14歳の少年。

よく見つけたなあ、この顔、と感心する。山犬みたいな顔つき。

そして現れる、かなり年上の如何にも不良少女の成れの果てみたいな女。

少年の異母姉とわかってくる。

姉弟それぞれの事情が皮肉にも重なり、

居ずまいの悪い共存が余儀なくされてゆく。

孤独な魂を抱えた弟と、心までは冒されていない異母姉の行く先は・・・?

救われる者と救いの神から見放される者。

若者たちに残酷な選別を施すベルトルッチ。

ラストを見据え、救われる者になって欲しい、

それがベルトルッチの遺言なのだろうか。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示