top of page

冬西日老人車両追突事故 魅歌

我が車RUBYの車内で信号待ちをしていたとき、

ぐわん!と車内が揺れ、運転席の我がパートナー、

助手席の美加ともに身体が撓んだ。


頭がクラクラし、ヘッドレストにぶつけたかなと感じた。

大きな地震か!?いや、車内ではこんなに揺れを感じないはず・・・


追突事故だった。

後ろの後ろの車を運転していた老人(84歳だそう)が

ブレーキと間違えてアクセルを踏み、

後ろの車に思いきりぶつかったのだ。

後ろの車はかなりぐしゃぐしゃであり、

レッカー移動と聞く。

玉突き事故というやつ。

横断歩道の前に居たRUBYも傷つき、

すこし凹んだが、写真ではわからないなあ・・・

冬西日に照らされながら、車内で待つ。

我がパートナーと、被害甚大であった後ろの車の主、ぶつけた老人、

駆けつけた警察官2~3名も、

冬西日の中で小一時間。

老人は全く悪そうな素振りがないようで、

この状態を把握しているのか不明。


一夜明けて本日より、

我がパートナーの愛車RUBYは修理に出された。

暮には倅とアウトレットに行こうかと話していたが、

慣れ親しみのない代車で行くことになる。

”助手席人生”の美加も、

何だか車に乗せて貰うのが怖くなってしまった。


報道で高齢運転者による事故を聞くにつけ

気になっていたが、まさかの巻き込まれ!

この問題、ぐんと身近に押し迫った。

どうにかされるべき!・・・でしょう?

閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page